tikuzanbana-.jpg
本年も初代高橋竹山プロジェクトのご支援をよろしくお願い致します!

2010年12月26日

ガジェットはあつい♯2

ipadをご購入された商工会青年部の 本堂先輩のように
魅力的なガジェットはなかなか購入を待てる物ではありません!

わたくしも先般より気になってしょうがないBlackberryとGALAXY Tabの実機を
ラ・セラのDocomoショップで体験してきました。

どちらも価格.comの評価は絶好調です。

K0000156064.jpg
K0000111930.jpg


GALAXY Tabとipadを比較すると自分的な感想は、
ネットブラウジングはipadの方が圧倒的に見やすいし楽です。
マシーンのデザインも、なんだかんだ言ってもappleには敵いません。
青森県人は移動のほとんどが車だし、大きく感じるipadでも持ち運びにくいことは
ないと思います。

Blackberryはスマホという点では同じですが、
ipadやGALAXY Tabと使用目的が異なりそうなので
競合しないと思います。ただガジェットの魅力として本当に高いレベルにあります。
持ったときの手のひらへの収まり方が心地よく
キーは慣れが必要そうだし、アプリもappleと比較すると全然充実していません。
が、とにかく相棒にしたい欲求がものすごく高いマシーンです。

競合しないと書きましたが、個人で携帯電話を持つならせいぜい多くても2回線と
考えれば、それを争奪する点で競合するんでしょうね〜。しかし日本のメーカーの
存在感が薄いのが気になります。やはりその筋の1番手が多くのシェアを握り、
せいぜいおこぼれに預かれるのは2番手まで。
3番手では存在すら認識されないということなんでしょうか。

結論的には、電波不毛地帯の平内では、やはりsoftbankをメインでもつのはつらい。
そこで、Docomo回線のBlackberryをメイン機にし、ipad2の登場と共に
iphone3GSを機種変更してしまうのが理想かなと思っています。

まったく個人的な計画を長々書いてしまい申し訳ありません…

iphoneユーザーの悩みの種はやはりsoftbank回線の縛りです。
脱獄もなんだか気が引けるし。
けれどiphoneの魅力+孫正義の魅力が他のキャリアへ
の乗り換えをためらわせます。
softbankの新しいCMご覧になりましたか。

光の道構想で、政府案と闘っている孫さんですが、これで本当にB案にひっくり返ったら
政治の主導権を民間で持てるというモデルケースになると思います。
そしてNTTが電波帯を解放すればiphoneユーザーも心置きなくsoftbank回線で
楽しめるという未来が待っています。
既得権益を潰すのは民主党では出来なかったので
日本の閉塞感を破るのはもはや民間しかないと言うことでしょうか。
posted by uk at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

クリスマスプレゼント


image-20101224170207.png

平内の大物実力者からクリスマスケーキを頂きました!

ありがとうございます‼

開けたらビックリ 竹山ケーキでした顔1(うれしいカオ)
posted by uk at 17:04| Comment(0) | archive♯ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍昇閣にて

IMG_0759.jpg


先程、ラーメンを食べに地元、龍昇閣に行きましたら
子供の担任の松本先生に出くわしまして平内町商工会青年部の
活躍について触れていただきました。

平内町商工会青年部の専務である須藤恵一郎のストウ酒商Blogでも
触れられておりますが、周りの方々からの激励が多くありがたい限りです。

来年も引き続き、この勢いで平内町の地盤を蔭ながら支えていきたいと思いますが
何しろ我々は有志が集まったボランティア団体であり、すべての活動は
仕事の合間や、夜中に行われます。
必然一人ひとりの活動に割ける時間には限りがあります。

ですので、大きなことをしようと思うのであれば一人でも多くの方の
助けが必要です。
私ならもっといいアイデアがあるのにと思われてる方
地元をどげんかせんといかんと思われてる方
ぜひ、平内町商工会青年部で一緒に活動しましょう!

私は、田舎ってつまんない、と思われてる方ほど向いてると思います!
一人でボヤいていても現実は何も変わりません!ここには共に悩み考え
汗して活動してくれる仲間がいます!素敵な街づくりを一緒にしましょう!

ご興味ある方はお近くの青年部部員や
平内町商工会までお気軽にお問い合わせください!
posted by uk at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。