tikuzanbana-.jpg
本年も初代高橋竹山プロジェクトのご支援をよろしくお願い致します!

2011年01月29日

Dr.tomabechi

苫米地英人博士の何気ないツイート
リツイートするだけだと足りないので
非力ながらBlogでも紹介します。
先日のIMFによる日本国債の評価下げについて


「IMFは欧州銀行家が支配。『洗脳支配』などに書いたように
日本国債の格下げを進めれば、銀行、そしていずれ、ゆうちょ銀行も
BIS2により国債を買えなくなり、外債を買うしかなくなる。
というシナリオ。日本の預金が狙われてる。2年前に警告した通り。」


ニュースの裏にこのような経済戦争の
実態が垣間見れると恐ろしいですね。

苫米地博士の『洗脳支配』いずれ読んでみようと思います。
posted by uk at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

ノルウェイの森



先日行ってきました。

オール日本人キャストですが監督・脚本はベトナム系フランス人の
トラン・アン・ユン氏です。

原作があまりにも有名なので観るのを控えていたのですが
twitter上での村上隆氏の激押しに重い腰を上げました。
かなりの良作です。学のない私が言うのが恥ずかしいほどの
高貴な作品でした。

思春期に観たゴダールやカラックスのような観た後の
全てを読み解くことの出来ない何ともいえない後味の悪さ

アムゼで鑑賞したのですが、その後行った3階のカレー屋の
最悪な接客にも後押しされ、妻と行ったのにほどんど会話することなく
作品のコンテクストを解釈する作業に没頭せざるをえない
力を持っています。

日本人監督でこの企画を実現して欲しかったー。
この作品を観て悔しい思いをしている日本人監督が
沢山いるだろうなー。

なんにしろ今後、村上春樹作品を映画化する際の
とてつもない大きな壁になることは間違いないですね。

最近観るものがないと、映画離れしている映画ファンにこそ
本当に観ていただきたい(私はひとりでの鑑賞をお勧めします)
そんな作品です。
posted by uk at 18:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

お正月


image-20110104000936.png

お正月はのんびりと劇場版イナズマイレブンを
家族で見に行ったりしてました。


ノルウェイの森がほんとは見たいのですが
家族で見れる感じでも無いし、
でもぐずってると結局見逃しちゃうんですよねー

トロン レガシーも一応見ておきたい気もします。

しかし3Dはいまだにしっくりきません。
posted by uk at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。