tikuzanbana-.jpg
本年も初代高橋竹山プロジェクトのご支援をよろしくお願い致します!

2011年02月22日

「ジェリコ」観了!



米ドラマ「ジェリコ」観終わりました!

物語はアメリカ合衆国本土に23の核攻撃があったところから
展開されていきます。
死の灰の影響を受けない、カンザス州の小さな町のジェリコ住民の
サバイバル劇、そして核攻撃の真相に迫る主人公たちが描かれます。
米国では視聴率が悪く、早期打ち切りになったようですが
コアな視聴者が多く、第2シーズンの途中まで放送されたようですが
視聴率の問題よりも、中身の過激さが問題になったように想います。

個人的には、こんなマイナーなドラマでもアメリカのパートナー
として中国の救援物資が届いたり(24でも中国政府の脅威が
描かれたりしてますが)ますます日本の存在感がなくなっているのを
感じます。アメリカ合衆国民の愛国心また、民主主義に対する誇りを
強烈に感じます。そしてそれを守るためなら武力衝突すらも恐れない
強いプライドを感じます。
最後は「これでフェアーな第2次南北戦争が行われる」というような
セリフで終わりますから。

日本に置き換えたらどうなるんでしょうね。
村上龍が「5分後の世界」で描いたような第二次世界大戦で原爆本土投下後
もし日本が降伏せずに、本土におけるゲリラ戦に突入したらとか
ドラマで見たらかなり面白いと思うのですが。
他には明治維新で、もし幕府側が勝利したらとか
現在の弱腰外交を打破する問題提起がある作品が観たいです。

とりあえず次はドラマ版「クラッシュ」を観たいと思います!

posted by uk at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

結婚式

先週末、友人の結婚式に出席してきました!
思春期を共に過ごし、バカな事やアホな事をした
思い出深い大事な友人です!

11年越しの恋愛を実らせてのご結婚、新郎の誠実さが垣間見られます!


image-20110217094314.png

末長くお幸せに!
posted by uk at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

映画「告白」



「告白」観ました。

いろいろ観てもBlogにまで描きたくなる映画は
それなりに力のある映画ということでしょう。

映像は、色のコントラストが効いており
ブルーの強い、非常に美しく冷徹な色彩
ストーリーにマッチした客観的な空気を演出します。
観る人にこの演出しかないというような
映像そのものの強さを感じます。

ストーリーは心の描写が繊細に語られており
後半に掛けて飛躍していきますが、フィクションであることを
考えれば成り立つ展開だと思います。

この繊細さが非常に日本的だと感じました。
計画深く、陰湿で、細やか。
思春期の心の片隅にある思いを、的確に捉えた容赦ない展開。

思春期の子供には見せたくない、力のある映画でした。
posted by uk at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。